SteP MALL ONLINE SHOP

店舗ロゴ(店舗名)

 

 

「部活を始めるのに、どんなシューズを
選んだら良いか分からない…?」

 

そんな新中学生・新高校生に、
“これを選べば間違いない!”という

トレーニングシューズを各ブランド別に
ご紹介します。

 

陸上部に限らず、野球やサッカーなどの色々な運動部に
お勧めですので、
是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

初めてのランニングシューズ
選びのポイント

 

 

ランニングシューズには、色々な機能が搭載されており、

シューズ一つ一つによって目的や特徴が変わります。

その特徴の中でもまずは、次の5つの性能
見てもらうのがお勧めです!

 

 

 

POINT① 
適度なクッション性

 

クッション性は衝撃を吸収する強さの事です。
部活を始めたばかりだと、体ができていません。

体への負荷が高まるとケガをしてしまう可能性がありますので、適度にクッション性があるシューズが良いでしょう!

 

 

 

 

POINT② 
適度な軽量性

 

軽量性は、動きを速くしたり、自分の持つ能力を最大限発揮するために必要な要素の一つです。

しかし、軽量性だけを求めると、ポイント①のクッション性を損なうシューズを選ぶことになってしまいます。

ポイント①とポイント②は相反する性能ですので、どちらも”適度な”シューズを選ぶのが良いでしょう!

 

 

 

 

POINT③ 
耐久性が低いシューズはNG

 

当たり前ですが、ランニングシューズは永遠に使えるわけではありません。

ハードな練習に耐えるためにも、耐久性は気にしたほうが良いでしょう。

とは言え、耐久性を上げるためには、硬めの素材や重たい素材を使用するなどデメリットもあります。

ランニングシューズには、耐久性を重視せず、速く走ることを目的に開発されたシューズ(主にレース用)もたくさんあります。

「耐久性が高いシューズ」を選ぶというよりは「耐久性が低くないシューズ」を選ぶようにしましょう!

 

 

 

 

POINT④ 
コストパフォーマンス

 

ランニングシューズは目的によって、価格帯も様々です。

最近では30,000円以上するシューズも増えてきています。

価格が高いからと言って必ずしも速く走れるという訳ではありませんし、全ての練習が速く走るトレーニングではありません。

また、安すぎるシューズも性能が劣るなどの可能性があり、練習の質を下げる原因になりかねません。

モデルの新しい・古いによって価格の変動はありますが、だいたい8,000円~10,000円くらいのシューズなら安心です。

 

 

 

 

POINT⑤ 
デザイン

 

このポイントは、おまけです。

せっかく始めた部活動です。

楽しく続けるためにも、最後に迷ったら自分が好きなデザインのシューズを選ぶこともお勧めです。

最高のモチベーションで最高の練習に取り組みましょう!

 

 

 

 

 

では、具体的に各ブランドのオススメ
ランニングシューズを見てみましょう!

各シューズの特徴と、5つのポイントの
チャートも是非参考にしてみて下さい!

 

※チャートの「デザイン」項目は、ステップで購入いただく
人気度を客観的に捉えましたので、ご参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

asics
ライトレーサー4

最強のオールラウンダーシューズ

 

ライトレーサーシリーズは、アシックスでは人気のトレーニングシューズです。 他のシューズと比較して、耐久性とホールド感が絶妙です。
かっちりとしたアッパー構造をしており、見た目にもしっかりした履き心地のシューズとなっています。
その分、多少重さはありますが、気にするほどの重さではありません。

スニーカーと比較すれば驚くほど軽いです!沈み込みが強すぎない、 ほど良いクッション材を使用していますので、土でもアスファルトでも競技場でも場所を選ばずに使える、まさにオールラウンダーです。

 

 

 

 

 

asics
ハイパースピード

スピードトレーニングならこの1足

 

ここ数年で発売されたアシックスのトレーニングシューズです。 マジックスピード、メタスピードシリーズの練習用としてて開発されたシューズは軽量性やクッション性が 程よくアッパーも足当たりの良いメッシュで長時間の練習にも快適に使用できます。

これまで主流だったライトレーサーは、耐久性をとにかく重視した”トレーニング感”が強めのシューズでした。 少し雰囲気を変えてデザイン性や軽量性も高まったハイパースピードは、部活生にもお勧めの1足です。

 

 

 

 

 

NIKE
ナイキ エアズーム
ライバルフライ3

カラーも豊富でデザイン性抜群

 

ライバルフライシリーズは、他のシューズと比較して、
軽量性・デザイン性・クッションのふわふわ感が売りのシューズです。 比較的柔らかいアッパー素材を使用し、足を入れた時の当たるようなストレスは少ないです。 また、クッション材も少し沈み込みがある柔らかいクッション材を使用していますので、 特に地面の硬いアスファルトとの相性が良いのではないかと感じます。

学校の外周(アスファルト)などを良く練習で利用する方にはお勧めです。 またカラーリングも豊富で、デザイン性の高さも人気の理由です。

 

 

 

 

 

adidas
アディゼロRC4

しっかり目のクッション材が安定感を提供

 

アディゼロRCシリーズは、どの項目も適度にかつ高レベルで作っている印象です。 耐久性も保ちながら、軽量性も抜群です。クッション材も安定感がある素材を使用しており、様々なシーンで使用できるシューズです。 アッパー材がしっかりしているため、切り返しの多い動きでもばっちりサポートしてくれるでしょう。

好みはあると思いますが、デザインも比較的人気のモデルとなっています。

 

 

 

 

 

こんな疑問・お悩みありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 


ページトップへ